フラットを探して

双極性障害でひきこもりの記録

混合状態の入院騒動からうつ転した話

こんにちは。

昨夜から今日にかけて気圧の低下とともに気分が落ち込んでいます。おまけにジリジリと食欲が湧いてきて嫌な流れです。

 

さて、今日はちょうど2年前のうつ転した頃の話をしようと思います。

2015年は今思えばラピッドサイクルの時期で、2,3ヶ月の間に躁とうつを繰り返すような生活をしていました。色んなことを始めて、失敗しての連続で、どんどん体が動かなくなり、自信もすり減っていきました。

2016年を迎えた頃には、躁に持ち上げる力も底をついていました。躁の時に思い描いていたハードルを下げ、「規則正しい生活をしよう」という、全うな目標のもと数ヶ月を過ごしました。おかげで体調も回復してきましたが、するとまた「何かしなきゃ」という焦りが出始め、その反動で5月になると大きく体調を崩すことになりました。「規則正しい生活をしよう」という最低限の目標さえも叶わず、発病してから1年半の間にどんどんとすり切れてきた自分の中の命綱が限界に達しつつありました。そんな生活を1ヶ月続け、きっかけは忘れてしまいましたが、6月になるとついに糸が切れてしまいました。自分で自分をコントロールできず、死にたい気持ちが溢れてしまいました。自分でも家族でも手に負えず、入院を決めました。

 

私が通院していた病院は入院する施設がなかったので、別の病院に行くことになりました。以前から「もしものときはこの病院に入院しましょう」という話は出ていましたが、当時はかなり切羽詰まった状態でしたので、紹介状も緊急で取り寄せたり、入院する病院でもドタバタと部屋を準備してくれたようでした。

満身創痍で病院に行くと「絶対に自殺はしないで下さい」と念を押され、一気に死ぬことが現実味を帯びてきて、とても怖かった記憶があります。さらにその病院は保護入院しか認められず、すぐ入院すること、そして1ヶ月は外出が出来なくなると言われました。

 

入院するという話になった時からひとつ気にかけていたのは、数日後に行く予定だったフランス映画祭のことでした。こんな状況で行ける訳ないのは当然なのですが、私が心酔しているフランスの大女優、イザベル・ユペールがこの映画祭のために来日することになっていたのです。トークショーやサイン会なども予定されていて、何ヶ月も前からチケットを取り高倍率のサイン会にも当選して、この日を糧にずっと過ごしていました。人生で彼女に会えることなんてもうないでしょうし、ましてサインなんて、仮に私が今後カンヌやベルリンやヴェネチアに行ったとしても、レッドカーペットを歩く彼女からサインを貰える確率なんてほぼ皆無です。そんな彼女に一目会いたいという思いが心の中にありました。

 

「自殺するなよ」という念押しだけでもビビっていた私ですが、その後に病室を案内されて更に怖くなってしまいました。満室だったのに緊急で用意してくれた部屋は、明らかに悪い部屋でした。病院自体は建て直しされていてガラス張りで開放感もあり、日当り良好でしたが、私が案内された部屋は薄暗く、むき出しのトイレに、体を拘束するためのベルトがついたストレッチャーのようなベッドがぽつんとあるだけの部屋でした。ベッドは違うものを用意すると言われましたが、重度の患者を保護するための部屋であったと想像するに難くありませんでした。むきだしのトイレというディティールも相当ショックで、入院したいという気持ちはもはやなくなっていました。一緒に案内された家族も同じことを思ったらしく、結局、入院することを断念してしまいました。

 

精根使い果たし、それからは引きこもるようになりました。そしてその数日後、私は這うようにして映画祭に出掛けました。正直、外出出来る体ではありませんでしたが銀幕のスターに会いたい一心で朝日ホールへ向かいました。ほぼ銀座に、近所のコンビニに行くような格好で行ってきました・・・。よりによって難しい映画だったので内容は全く頭に入ってきませんでしたし、じっと椅子に座っていることさえも厳しかったです。トークショーもほとんど忘れてしまいましたが、それでも彼女の美しさや聡明さやポリシーのようなものが伝わってきてとても素晴らしかったです。その後のサイン会では、ボロボロの格好で彼女の前に現れてしまったものの、カタコトで少しだけ会話をさせてもらいました。

 

その後も帰宅がまた大変で、都心のど真ん中で歩けなくなってしまい、見かねた道沿いのレストランのウエイターが椅子を持ってきてくれる始末でした。自宅に戻ると倒れるような有様で、また引きこもり、完全なうつ状態になりました。閉店ガラガラです。それから2年近くうつが続いて今年の4月にようやくうつ抜けし、現在に至ります。

 

入院騒動のときにちゃんと入院していたら、どうなっていたのでしょう。こんな長いうつにならなかったのかもしれませんし、逆に退院した後に混合状態がさらに続いていたかもしれません。それでも彼女のサインを見返す度に、自分の選択は当時の最善であったと思っています。

 

最近気になった話題③

こんにちは。

昨日は関西の方で大きな地震がありましたね。東日本大震災熊本地震、そして今回の大阪と、順に各地をまわっているわけではありませんが東京もいつ地震が起きても不思議ではないと改めて思いました。東日本大震災の時は障害者の被害は健常者の2倍であったというデータもありますし、備蓄品以外にも私たちは備えなければならないことがあるのかもしれません。最近よく耳にするヘルプマークも、電車のなかだけでなく避難所などでも使用するとよいようです。

もし自分が被災して避難所生活を余儀なくされたら、おそらく軽躁状態になってしまうと思います。「しっかりしなきゃ」モードになって後々何も出来なくなってしまうような気がするので、自衛のためにも省エネで過ごすよう努めなければならないでしょう。普通の人でも相当のストレスがかかる生活ですので、精神障害者にはかなり厳しいものになると思います。正直、ぽっくり死ねたらそれが一番良いと思ってしまいます・・・。

www.asahi.com

www6.nhk.or.jp

 

話は変わりますが、WHOがゲーム障害を疾患と認定したニュースが話題になっていますね。私自身はゲームをしませんが、同じように引きこもってはいるので、この障害で心配される問題はひと事ではありません・・・。依存という面では、躁と鬱の波が激しかった頃に食のコントロールが出来なくなってしまいましたし。ちなみに食欲がない時は無理に食べなくていいというのが定説ですが、私の場合はなるべく毎日一定に摂ることがよいような気がしています。気圧やちょっとした環境の変化で体がバテてしまう割に、鈍感で自分の体調を把握できないところがあるので、それを踏まえて自己管理しなければなりません・・・。

www.nhk.or.jp

 

そういえば新種のうつ病が特定されたこともニュースになっていました。今までの薬では効果がなかった方には期待が持てますね。

 

余力チェックの話

おはようございます。

雨の日は随分と気温が下がるので、寒暖差が堪えますね。最近は以前より寝付きがよくなり、日中もそれなりに活動的でいられます。昨日はゴッドファーザーがテレビ放映されていたのでつい見てしまいました。男社会の桃源郷があそこにはあります・・・。当時監督のコッポラは確か30代前半だったと記憶していますが、才能に年齢は関係ないのですね。パート2パート3は是が非か論争は宗教戦争に勃発しかねないので割愛するとして、DVD盤のオーディオコメンタリーでコッポラが延々と製作の悪口を言っていたり自分のいない撮影隊がヒッピーを映り込ませたと文句言っていたりして面白いです。

 

それはさておき今日は余力チェックの話を。

以前も少し触れましたが、自分のストレス度を自覚するために私は余力チェックをしています。1日の終わりに体力がどのくらい残っているかを感覚で0から100の数値で表します。私の場合普通が60で、最近はそのくらいになることが多いです。あくまでも感覚なのですが、続けているうちに「なんとなく今日は58かな」といった具合に、細かく数値化できるようになりました。

気分が冴えなくて動けなくなるときは30前後で、最高値は70後半くらいになりました。50を下回る日が続く場合は日中に意識的に休んでみたり、70を超えた場合はやることを整理してみたり、なかなか有効的に活用できていると思います。いまのところ理想は60台をキープすることですが、いずれは70くらいを平均値にできればよいなと思っています。

 

そのためにも少しずつ自分に負荷を与えて、慣らして、でも無理せず、焦らずの繰り返し・・・どうしてここまで自分を繊細に扱わなければならないのか、嫌になってしまいますね。自分の体力やメンタルや可能性に折り合いをつけて生きていくには、まだまだ時間がかかりそうです。

 

双極性障害の研究

こんにちは。

双極性障害の方たちに朗報が飛び込んできましたね。

www.qlifepro.com

 

詳細まではわかりませんでしたが、双極性障害の治療がまた一歩前進したかと思うと嬉しいです。研究チームのリーダーは双極性障害の先生としては日本で一番有名であろう、加藤忠史先生です。加藤先生のツイッターを以下引用します。

 

 

 

とても力強いお言葉ですね。2つ目のツイートでは双極性障害の方の協力が必要であると書かれています。私も以前応募しようと思っていたのですが、うつになってからは行動にうつせなくなってしまいました・・・。いずれは協力したいです。双極性障害の方、自分たちのためにもいかがでしょうか。

 

そしてもう一件、気になっているのがこちらの研究です。

https://www.ctvnews.ca/health/is-bipolar-disorder-linked-to-gut-bacteria-toronto-doctor-studies-new-treatment-1.3927277

 

今話題の便移植で双極性障害が改善されるかもしれないという研究です。腸とメンタルが密接に関わっているのはよく聞きますが、双極性障害にも便移植ですか・・・。AIのチップを脳に埋め込んでパターンを学習させて、脳に刺激を与えることで気分障害をコントロールするという研究も最近耳にしましたが、それに比べたらまだよいかもしれませんね。

 

いつか画期的な治療法が現れるのでしょうか。それを待つ間は地道に規則正しい生活を心がけます。

 

生きづらい人たち〜新幹線殺傷事件から

こんにちは。

ここしばらく体調の良い日が続いています。体調が良いと気圧の変化も受けにくいようで、梅雨入りしてからも滅入ることなく過ごせています。またネットへの依存も減ることから、ブログを書く頻度も少なくなってしまいました。

ここ数日のあらましとしましては、絶賛寝違え中で、首を横に動かすこともできない日々が続いています。今年に入ってから2度目の寝違えで、寝具が合っていないのか、もしくはおなじみの自律神経の乱れか・・・。ストレートネックでもあるので、睡眠不足に悩んでいた時にバスタオル枕に変えてみたのですが、タオルの高さが合っていなかったのかもしれません。それにしても寝違えるとかぎっくり腰とか、ネーミングの間抜けさに反して症状はかなりつらいですね・・・。しばらくは痛みが続きそうです。

 

そして体調が安定していると日々の生活にマンネリを感じやすくなるようです。以前医師には「楽しいことをしすぎてもいけないが、生活に刺激がなさすぎるのもよくない」と言われたことがあります。無茶言うなよと思いましたが、確かに無刺激すぎるとその反動で一気に躁に傾いてしまうことがあったので、定期的に低刺激は与えた方が良いのだと思います。

そこで先日から日々の運動を見直すことにしました。今までは筋トレ+有酸素運動でしたが、筋トレの強度を強めるかわりに、筋トレ+有酸素運動の日と有酸素運動のみの日を交互にするようにしました。筋肉肥大に効果が出ることを期待して、無理のない範囲で続けていきたいです。

 

さて、ようやく本題ですが、今世間を賑わせている新幹線無差別殺傷事件についてです。密室の空間でいきなり犯行に及ばれたらどれほどの恐怖なのでしょう。PTSDなどに苦しめられる方も出てきてしまうのでは思います。凄惨な事件であったことは言うまでもありませんが、私はどうしても容疑者の生い立ちや人物像に目がいってしまいます。

 

精神的な問題があったようですが、報道などから、彼がいかに生きづらさを感じていたか、ひしひしと伝わってきます。そしてそれはとてもひと事のようには思えませんでした。ワイドショーのコメンテーターたちは、彼の家庭環境などについて、同情のようなものを示しますが、「だからといって人を襲っていい理由にはならない」とジャンプして正論をぶつけます。新幹線の防犯の改善は訴えても、彼のような生きづらさを抱えた人々の生活の改善は置き去りにされ、自分とは違う「やばい奴」として、不可避な災害のように対策を立てようとします。

 

それを見て私は生きづらさを感じる一人として、置いてけぼりをくらったような、何とも言えない気分になりました。世間的にみれば彼が家出をしたことなどは異常な行動なのかもしれませんが、これは一種の生きづらさに対するもがきのように思えてなりません。自分から精神病院に入院したいと思うこともおかしなことではありません。哲学書を読むこともおかしなことではありません。資格を取ろうとして、自分の仕事を見つけようとしたり、独り立ちしようと思ったり、懸命になっても、それでもうまくいかない、理解されない・・・報道を見ていて辛くなりました。それでも一部の人は「勝手に自殺しろ」と言います。どうして犯行に及んだのかは知る由もありませんが、自分の居場所を見つけられなかった彼は、罪を犯すことで自分の存在を知らせたかったのかもしれません。

 

ではどうすれば、彼は、そして私たちは自分の居場所を見つけられるのでしょう。もちろん家族などの周りの人々のサポートがあればそれにこしたことはありませんが、正しい対処を知っている訳でもありませんし、本人と近い存在過ぎて逆に弊害になってしまう場合もあります。あるいは、生きづらさを感じる人の中には家族との関係が良くない人も少なからずいるかもしれません。まずは支援機関であったり自助グループであったり、自分のつらさに理解のある人々の存在を知るだけでも孤立することが防げるのではないでしょうか。こうした存在が社会でも周知され、サポートが充実していけば良いなと思います。当たり前に生きられない人が割といるということがわかれば、その当たり前の前提が変わっていくそんな世の中になることを願っています。

 

思い出のウーファー生活

こんにちは。

今から3年ほど前の話ですが、1ヶ月ほど私はウーファーをしていました。ウーファーとは農業体験とも言われますが、農業地や観光地などである一定の労働力をこちらが提供するかわりに食と住を提供してもらうシステムです。賃金の発生しないゆるい住み込みバイトのようなものです。

 

もともとそんなことに微塵も興味なかったのですが、会社を辞めた後に体調がよくないのに再就職してすぐに失敗していた時期で、たまたまその頃に知り合った人に教えてもらったのがきっかけでした。精神的に病むとヒーリング系やら変わった個人業の人と出会うようになるのは、あるあるなような気がします。その延長線上にパーマカルチャーやらマクロビオティックやらヨガやらアロマやらカイロプラティックがあると思うのですが(このニュアンス伝わりますか)そういうことを意識した人たちが運営するコミュニティにウーファーとして参加しました。

 

とにかくその頃は「環境を変えたい」という願望が強く、人に勧められるがまま、遠く離れたその地へ向かいました。今思えば、うつ状態だったのをなんとか持ち直したくて突拍子もないことをしていました。フラットに戻すことができずに「うつ」か「躁」しかギアがなく、いわゆるラピッドサイクルの頃でした。本来なら、うつになったらそのまま時間をかけてギアを上げる力を蓄え、ゆっくりフラットに戻していかなければならなかったのだと思います。

 

上記の説明だとあやしいコミュニティのようですが、自然派な人や人生迷子の人や旅してるような人が集まるゲストハウスでした。そこでは無農薬野菜などを自分たちで作って宿泊客に振る舞っていたので、その農業を手伝ったり、ゲストハウスの掃除や食事などを作ったりしていました。私以外にもウーファーとして参加していた方は5名ほどいて、夜になると宿泊客も集まって皆で暖炉を囲みながら色々な話をしていました。

こういうところに集まる方は、都会での生活に限界を感じて、世界を旅して自分探しをしたり、半農半xを目指す方が多く、自分の視野を広げるという点ではとてもよいところでした。大自然に囲まれ、その頃は頭痛もかなりなくなっていたと思います。

 

まったく興味のない世界でしたが、環境も良かったので数ヶ月は滞在する予定でした。しかし1ヶ月ほど経った頃に急に躁鬱の波が押し寄せ、ある日突然体が動かなくなってしまいました。この病気は尻切れとんぼと言いますか、失速感が凄まじく、あれだけ元気に過ごせていたのに最後はあっけなく体調を崩し、逃げるようにその地を去ってしまいました。

始めから病気のことは伝えていたので優しく見送ってもらいましたが、なんとも情けない最後でした。遠い場所だったので、体調がどん底の中帰るのもまた一悶着あり、知らない人の家に泊まらせてもらったりと笑えない珍道中となりました・・・。

 

その後1ヶ月ほど自宅で引きこもっていたのですが、まだまだラピッドサイクルは続き、無駄に動き回るようになるのですが、それはまた別の機会に・・・。散々な結果になってしまいましたが、そこで知り合った人とは交流を続けているので(うつになってからは連絡していませんが)よい経験にはなったと思います。今では懐かしい思い出です。

 

偏頭痛と気分障害

こんにちは。

ここ数日天気もよくこのまま夏になってしまいそうですが、そろそろ梅雨入りでしょうか。雨が降ったり晴れたりを繰り返すよりも雨が続く方がまだ過ごしやすく感じます。

 

最近は料理のレパートリーが増えて、同じようなメニューにしても調味料や薬味を変えてみたり、工夫するようになってきました。以前は出来合いの炭水化物ばかりで、甘いかしょっぱいかの選択肢しかありませんでしたが、今は苦みや酸味も料理にプラスできるようになりました。うつになると苦みや酸味を摂らなくなるので、よい傾向です。

というわけで今日はラタトゥイユを作りました。名前の響きの割に作業工程は単純で、そのまま食べてよし、何かに絡めてよし、スープにしてよし、カレーにしてよしです。常備菜も作ったので数日はラクチンです。料理は一人で出来きますし効果(完成した料理)も実感しやすいので、ダイエット同様お手軽に達成感を味わえてよいと個人的には思います。

 

最近気になった記事です。

healthpress.jp

 

私は緊張型頭痛と偏頭痛持ちですが、記事の中に「うつ病を伴った偏頭痛は頻度が多いので予防薬が効果的」とありました。私も以前は専門機関に2つほどかかって、山のような薬を処方されました。その中に予防薬もありましたが、効果はなく、病院への苦手意識ばかりが増えてしまいました。神経内科は混み、具合の悪い患者がぎゅうぎゅうに座って、ずっと待たなければならないのがとにかく辛かったです。

色々な症状のひどい時期だったので、予防薬では防げなかったのかもしれません。今は市販薬でもある程度は効くので、問題は頭痛の頻度かなと思っています。またいずれ通うようになるのか、悩ましいです。